J-SOX法・内部統制最強リアルタイムログ収集・ログ保存・ログ分析ソリューションLogsaver(ログセーバー)
HOME > 製品ラインアップ > TIOR トップページ >  運用イメージ
TIOR 運用イメージ
製品概要


カーネルとは独立しており、別途のプロセスで動作します。また、ターミナルデバイスの通信標準を遵守しているため、既存のシステムに影響を与えることはありません。



導入効果

TIORのプロセスを強制的に終了するとユーザのターミナル接続も自動的に切断

システム接続後に使用した全操作記録を体系的に保存することで、理想的な情報事故の対応策を提供

特定のIP・ID の作業を及び vi などのテキストエディタを使用したテキスト編集の内容の把握が可能

アウトソーシングによる運営者の誤操作によって発生する事故(インシデント)やエラー処理に対する管理・監督が可能



運用イメージ

ユーザがターミナル接続すると、そのユーザごとに TIOR プロセスが自動生成され、接続終了時に該当ユーザのプロセスが自動終了します。 すなわち、ターミナル接続中は、ユーザの全てのキーストログが記録されています。

先頭へ戻る
Logsaverサイトマップ 株式会社ドリームウェアホームページ